fx 自動売買

投資漫々~日経225先物・オプション・FX・その他 > FXの基礎知識 > ストップロスとは

案内人プロフィール

うさ太郎

案内人の「うさ太郎」です
どうぞよろしく
商材を購入しては
実運用してみる
費用はかさむ
口座資金はなかなか増えない
じりじりしているうちに
突然のドローダウン
そんな
長い苦しい道のりの果てに
少しずつ光が
差して来始めました
あなたには
そんな遠回りは
して欲しくないと
思っています

詳しいプロフィール

お問い合わせ

ブログランキング

人気ブログランキングへ

■カテゴリー

■リンク集

おすすめプロモーション

株式会社マネーパートナーズ【パートナーズFX】
為替
DMM FX
DMM.com証券
FXプライム
FXプライム
ODL Japan株式会社
ODL JAPAN
AFT-FX
FX

ストップロスとは

August 23, 2011
>>人気ブログランキング<<



ストップロスとは、いわゆる「損切り決済注文」のことです。



為替が想定と逆方向に進行して行ったときには、

ポジションには含み損が発生してゆきます。



相場がそこで転換すれば含み損は再び減少してゆきますが、

相場が逆進を深めれば、含み損はどんどん膨らんでゆきます。



そこで、一定以上に損失を拡大させないように、

あらかじめロスカット(損切り)ラインを決めておき、

そこに達したら損失確定する決済注文を出しておくわけです。



この、ストップロスは、初心者の講座などでは、

「ポジションを持つ時は必ず設定すること」と言われます。



そのわけは、初級者の陥りやすいトレードの失敗として、

損失を確定することが嫌なあまり、

含み損を抱えたポジションをズルズルと持ち続けて、

資金を全て失うことが、しばしばあるからです。



実際には、ストップなしで為替の逆行が進行した場合、

含み損が余剰証拠金(証拠金の余力)を越えると、

強制的にロスカットが行われ、ポジションがすべて清算され、

口座には最初の証拠金程度が残る形になります。



しかしながら、口座に充分計算された金額を用意しておき、

保有ポジションの限度をきちんと管理している限り、

相当程度の相場逆行が仮にあったとしても、

そう簡単に強制ロスカットラインに達するものではありません。



逆に、実際の取引上では、浅いストップロスは、

いわゆる「ストップ狩り」にかかってしまう可能性も高いので、

ストップロスは入れないという考え方もあります。







人気ブログランキング ← 応援宜しくお願いします

 

トラックバックURL: http://swim009.com/mt5/mt-tb.cgi/18

« 前の記事「スワップとは 」  |  次の記事「FXデモ取引」 »